「女王バチ誕生の秘密」発見
女王バチとなるための大切な食べ物はローヤルゼリー。このローヤルセリーについての新しい発見がありました。 富山県立大の鎌倉昌樹講師(発生生物学)がミツバチの幼虫を女王バチへと育てるタンパク質を特定。 人工的につくるのが難しい女王蜂の量産化
詳細はコチラ

みつばちワンダーランド|2011年4月27日

女王蜂の生命力の源は食べ物の違い
女王バチの生命力の源は食べ物違い 女王バチと働きバチは同じ雌ですが、その違いではなはだしいのは両者の寿命の違いでしょう。 働きバチの寿命は最盛期でわずか1カ月にすぎません。越冬のときでも4~5ヶ月。これに対して、女王バチは3年から5年も生き
詳細はコチラ

みつばちワンダーランド|2009年2月19日

1日で自己体重の1.5倍の卵を産む女王蜂の驚異
 ミツバチの巣にただ1匹存在する女王蜂。育児から蜜集めまで、 せっせと仕事を分担しあって働く、残りの数万の働き蜂。 しかし、女王蜂も働き蜂も、もとは同じ受精卵から生まれた雌の蜂です。 同じ雌でも、女王蜂と働き蜂では見た目からしてまるで違いま
詳細はコチラ

みつばちワンダーランド|2009年2月19日

ベジタリアンになったミツバチ
 ミツバチはスズメバチなどと同じ狩り蜂の仲間。普通、狩り蜂は肉食なのに、 ミツバチが栄養源としているのは顕花植物の蜜と花粉であり、 ベジタリアン(植物食)に徹しています。 本来、狩り蜂は肉食のために進化したハチです。逃げる獲物を捕らえるため
詳細はコチラ

みつばちワンダーランド|2009年2月18日

〝女性パワー〟が支えるミツバチ社会
 ミツバチは女系社会です。 ミツバチの巣箱1巣ごとを1群と呼びます。 1群には必ず1匹の女王蜂がいて、女王蜂を中心に3万匹以上の働き蜂と、 数千匹たらずの雄蜂が1つのコロニー(集団)を形成し、 雄蜂以外はすべて雌の蜂です。 働き蜂というと〝
詳細はコチラ

みつばちワンダーランド|2009年2月18日

人類もミツバチも発生の起源はアフリカ
 人類の祖先はアフリカで誕生し、やがて世界に広まったといわれています。 では、ミツバチはどうだったでしょうか? 現在、ミツバチは熱帯から亜寒帯まで広く分布しています。 しかし、種類はごくわずかで、独立した種として認められるミツバチは世界中に
詳細はコチラ

みつばちワンダーランド|2009年2月18日

人類よりはるか以前に進化を遂げたミツバチ
 人間社会と同じように、規則正しい集団生活を営んでいるのがミツバチです。 勤勉で健気(けなげ)な働き蜂、種の保存のため奉仕する雄蜂、 そして、卵を産むことに一生涯をかける超スタミナの持ち主、女王蜂。 これらがきちんと仕事を分け合い、整然とし
詳細はコチラ

みつばちワンダーランド|2009年2月18日

体験レッスンの申し込み
お申込み
HONEY FESTA はちみつフェスタ
メルマガ会員募集中
はちみつマイスター公式 facebook はちみつ活用術ご紹介!!
はちみつマイスター 平野のり子 公式ブログ
資格取得者の声
初めての方へ
受講中の方へ
はちみつマイスターおすすめサイト 「日本のはちみつ.com」
ページトップへ